• Shinji Miyazaki

お子様のギターレッスンについて [その1]

更新日:4日前

こんにちは!SeM Guitar School 講師の宮崎です。

寒かったり暖かったり体温調節が大変な日々が続きますね。


今回は、お子様のギターレッスンについての記事です。当教室のお子様のレッスン内容・方針について3回に分けて投稿します。お子様の習い事やお稽古事を検討中の方は、ぜひ参考にされてください。


以前は音楽系の習い事といえばピアノが大半だったと思いますが、近年ではギターを選ばれるご家庭も増えています。お子様自身がギターを弾いてみたいケースや、お子様にギターを習わせたい親御さんが増えているようです。


習い事にギターを選ぶメリットの一つとして、楽器等にかかる費用が比較的安価である点が挙げられます。お子様のやる気を見逃さずにはじめられることや、漠然と音楽に興味がある・持って欲しいという時に気軽に挑戦できるのが嬉しいポイントです。


当教室では、未就学児のお子様からレッスンを行なっています。

レッスンについては、個人差はありますが、大体小学校3年生頃を区切りに取り組む内容・できることが変化していきます。



未就学児~小学3年生くらいまで

楽器は、子供サイズのギターを使用します。通常のギターの2/3ほどの大きさです。

レッスンを初めるに当たっては、「弾いてみたい曲はどんな曲?」というところからスタートします。体格や手の大きさの関係で大人と全く同じように弾くのは難しいので、曲の流れが掴めるようにアレンジしたものに取り組んでいきます。また、リトミックという音感やリズムについての遊び・動きも一緒に取組みます。


↓[右] 子供サイズのギター(ギタレレ)・[左] 通常のアコースティックギター


小学4年生~高校生くらいまで

楽器は、大人と同じ通常サイズのギターを使用します。

レッスンでは、弾いてみたい曲等をどんどん演奏していきます。集中力も付いてくるので、中学生くらいからは1時間のレッスンでも問題なくできるようになります。

取り組む内容も、段々と難しい曲やアレンジに挑戦していきます。



当教室では、楽器購入のご相談対応・サポートもしております。どうぞお気軽にお問い合わせください。


次の記事では、未就学〜3年生くらいまでのお子さんの詳しいレッスン内容について投稿します。


その2はこちら!

その3はこちら!


SeM Guitar School

宮崎











25回の閲覧0件のコメント